アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ガーデニング」のブログ記事

みんなの「ガーデニング」ブログ

タイトル 日 時
6月の小さな森は花が次々と
6月の小さな森は花が次々と 夏へ向かって天候に恵まれなかった石狩地方でしたが、ここにきて一ヶ月ぶりの日差しの温かな週末でした。 新発寒の小さな森では、種をまいて10年間育ててきた鉢植えの藤の木が、5月の下旬から花を咲かせ、満開の高貴な花見となりました。 そして次々と初夏の花へと開花のリレーが続いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/18 23:00
冬の装いの小さな森
冬の装いの小さな森 予定の無い休日は珍しく、午後から庭仕事しようかなと障子を開けると雨模様。 前庭のナナカマドの赤い実が、葉の落ちてしまった枝先に、寒そうに揺れていました。 もうすぐ雪が積もれば、ヒヨドリが食べ散らかして行くことでしょう。 今日はのんびりしなさいということですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/27 16:34
落ち葉の世界の小さな森
落ち葉の世界の小さな森 いよいよ10月の最後の週末です。 北海道は平地でも雪の予報で、風が強い朝です。 札幌の気温はまだプラスですが、日陰なら降った雪は解けないくらいかも。 新発寒の小さな森には、たくさんの落ち葉が降り積もり、次から次から、まだまだ葉っぱが降ってきています。 雪囲いの作業が、とても億劫です。 春の花の森を見たいなら、やるしかないなぁ。 でも今日は、元気が無いので、無理しないでおこうと思います? ストーブの暖かさを感じながら、窓の外を眺めます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/29 10:21
月下美人の蕾が…
月下美人の蕾が… 月下美人の蕾がいつの間にか、いくつもありました。どんどん大きくなる毎日です?久しぶりにたくさんの花が楽しめそうです? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/18 00:41
何年ぶり?・・・種まき
何年ぶり?・・・種まき ひと冬こうして箱入り娘になっていた、いろんな種たち。 今日はとても良い天気で、何年ぶりの種まきとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/30 15:27
仁別の森・・・その3
仁別の森・・・その3 3回目のスキー学習は雪模様。でも、この季節の厳しさが、人間を強くしてくれるのかもしれません。そして厳しさから生まれる美しさ。太古から人間は、自然と闘い、自然に学び、自然に守られてきました。誰も作り出すことのできないものですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/07 22:57
雪景色の小さな森
雪景色の小さな森 ものすごく寒いわけではないけれど、今朝は初めての雪景色でした。きれい!!という感想が持てるのは、雪がまだ珍しい冬の始まりだからです。この雪が深く深く積ってしまうころには、また雪だあとなることでしょう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/21 16:23
5月23日、雨の朝・・・きれいな葉っぱたち。
5月23日、雨の朝・・・きれいな葉っぱたち。 ●久しぶりにまとまった雨が降りました。ほこりっぽかった庭が洗われて、葉っぱたちがきらきらしています。チューリップが盛りを過ぎて、次の主役たちが待ち構える小さな森です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/24 00:43
5月2日、新発寒の小さな森2009…グランド・オープン
5月2日、新発寒の小さな森2009…グランド・オープン ●やっとゴールデンウィークです。今日は天気もよくお花見日和…ということで、庭で焼き肉するには準備、準備。5時間かけて思う存分庭仕事しました。庭中の落ち葉や小枝を集めたり、冬眠していた住人たちをそれぞれのすみかに運んだり、スイレンも外の瓶に移して、メダカたち気持ちよさそうでした。スイレンを冬越しさせていた容器には、タニシの卵がいっぱい見つかりました。では、小さな森の住人たちも紹介しながら、庭の全貌をご紹介します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/02 21:33
4月22日、春雨しっとり
4月22日、春雨しっとり ●乾ききっていた地面に、春の冷たい雨が細かく降りました。空気もしっとり。そしてひんやり。慌てふためいて春を駆け回っていた気持も、少ししっとりしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/23 23:44
4月17日、気高い白花睡蓮
4月17日、気高い白花睡蓮 ●まだ開き始めたばかりなのですが、スイレンが咲きだしました。昨年の夏、大きな蕾をもったスイレン。でもいちども開いたところを見られなかったスイレン。とうとう、この春を祝うように、汚れた越冬用の容器の中で開花です。掃き溜めに鶴って言いますが…、そんな感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/17 21:57
3月19日、どんどん解ける
3月19日、どんどん解ける ●南向きの庭は四方を建物に囲まれ、陽があまり当たりません。それでも一日経つと、雪がぐっと消えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/06 00:54
3月8日、ハイビスカス三姉妹の末っ子が咲きました。
3月8日、ハイビスカス三姉妹の末っ子が咲きました。 ●この冬3つの蕾を付けたハイビスカス。三姉妹のように順番に咲き、いよいよ末っ子の晴れ舞台。お天気もよく、陽射しが新雪に反射してまぶしい朝です。またしばらく蕾が出そうにないので、しっかり花を楽しみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/08 22:04
3月7日、朝のお客様
3月7日、朝のお客様 ●また雪が降りました。カーテンをそっと開けたら、お客様が来てました。本当はリンゴが好きなヒヨドリも、スズメの餌で我慢してお帰りになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 22:46
2月25日、ハイビスカス…今日も
2月25日、ハイビスカス…今日も ●次女が「お父さん、ハイビスカス今日も咲いてたから、写真撮ったよ。」・・・ってことで、ハイビスカス第2弾です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/03/02 00:41
2月24日、真冬のアロ〜ハ〜
2月24日、真冬のアロ〜ハ〜 ●昨夕から今にも開きそうに膨らみきったハイビスカスの蕾が、今朝薄暗いうちから開きました。こうして並べてみると、たくさん咲いたみたいでうれしい錯覚。たった一輪なんですけどね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/02/25 00:24
2月16日、ハーブのちから
2月16日、ハーブのちから ●いつもコメントくださる空ハハさんから、素敵なプレゼントを頂きました。私がふくらはぎの肉離れを患ってしまった事を知って、貴重なハーブオイルをくださったのです。オイルの小瓶には、成分と効能が細かい字でびっしり。そのことにも感激でした。風呂上りにオイルを使ってマッサージを続けたら、今夜などは何とか正座ができるまでに回復してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/25 00:06
2月14日、解ける、解ける!!バレンタイン熱?
2月14日、解ける、解ける!!バレンタイン熱? ●土曜日の午前中に病院へ行きました。これは舗装されていない駐車場の地面です。バレンタインデーの14日、2月としては史上最高の気温だったとか。札幌の気温もプラス8度だったそうですが、なんと静岡では26度の真夏日だったんですね。どうりで雪がこんなに解けるはずです。もう、ぐちゃぐちゃ地面です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/02/15 23:31
2月2日、氷の世界
2月2日、氷の世界 ●北広島市のセントレジャースキー場で、スキー学習がありました。雨が降った後のスキー場は、地面が氷の世界。輝く太陽が反射して、ますます美しい世界でした。ということで、ここは、夏はゴルフ場です。自然を生かした庭園ガーデニングが見事なのではと、夏の景色を想像しています。では、素晴らしいランドスケープをお楽しみください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/08 20:06
1月24日、天高く
1月24日、天高く ●吹き抜けの窓を見上げると、青空の中に高圧電線の鉄塔がきれいでした。本来無ければいいのに…と思うこの鉄塔も、冬の季節には陽気を感じさせてくれます。強い太陽の光が春を運んできたようで、部屋の中もぽかぽかです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 23:14
1月8日、本日も晴天なり。
1月8日、本日も晴天なり。 ●札幌オリンピックの会場だった手稲オリンピア。その歓声が響き渡った手稲山が、青空の下で照り輝いています。あまりにきれいだったので、2階の窓から身を乗り出して撮影しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/13 18:58
1月2日、晴天なり。
1月2日、晴天なり。 ●雪が少なくて、玄関先の植え込みは春のように感じたのでしょう。アジサイの芽が膨らんでしまっています。どうなるのでしょうか。降るもの降ってくれないと・・・これも温暖化? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/13 18:51
しんしんと・・・ゆく年
しんしんと・・・ゆく年 ●札幌はやっぱり雪の都。雪のない冬かと思いきや、この1週間でたちまち根雪になりました。それにしても、この真っ白な雪が、北国の人の暮らしを良くも悪くもするのですよねェ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/30 11:53
嵐の朝に
嵐の朝に ●ひどい雪嵐で、小さな森のか弱いひょろひょろ白樺が、ぐったりとしています。BSアンテナにはしっかり湿った雪が張り付いて、放送妨害しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/12/26 18:11
また雪。でも、きれい。
また雪。でも、きれい。 ●朝早く長女を塾に送り込む。受験生の朝は早い。玄関の外は久しぶりに雪景色でした。車の窓には凍りついた雪。その外には季節感いっぱいのモミの木。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/30 23:21
インドアガーデン
インドアガーデン ●・・・というほどのものではないですが、冬は外が雪ですから、やっぱり部屋の中の鉢植えを相手にするしかありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 23:12
夜明けの銀世界
夜明けの銀世界 ●目覚まし時計で5時に起きて・・・窓の外が一変してました。見事な銀世界。だんだんと明るくなるにつれて、その輝きに目が覚めました。玄関前の景色がこんなにきれいだと感じるのは、生まれたての真っ白な雪だからですね。夕方には汚れているでしょうか。一瞬の美しさかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/21 00:08
冬支度は雨ふりの中
冬支度は雨ふりの中 ●玄関先の庭からアジサイの花を摘み取りました。すっかり乾燥していたのに今日はあいにくの雨。今週は雪になるというので、雨の中、冬支度を進めました。アジサイの花は学校の授業でフリーマーケット商品の材料にします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/16 22:18
何?
何? ●娘を迎えに真っ暗になってから車を出そうとしたら、窓の外に白い花。いつの間に何が咲いたの?今頃突然?目を凝らしても何が咲いたのかわからない。この頃は老眼鏡に頼っている私の目。車を降りてよく見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/11 23:08
玄関フード知ってます?
玄関フード知ってます? ●九州のまるぽっちさんからコメントを頂き、「玄関フード」について質問がありました。私たち「どさんこ」(北海道出身者)にとっては珍しくないものなので、気にしたことなかったのですが、暖かい地方の人には「何?」なんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/10 23:57
モミの木に雪が積もった
モミの木に雪が積もった ●とうとう我が家の周りにも雪が積もりました。玄関先のモミの木がなかなかいい雰囲気でしょ?冬を楽しむ気持ちにさせてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/11/08 22:50
インドア・ガーデニングのはじまり
インドア・ガーデニングのはじまり ●初雪も降り、札幌はもう冬です。焦って部屋に運ばれた鉢植えたちは、さぞびっくりして、怒っているでしょう。もっと段階的に取り込まねばいけないのに、5度以下の外気から20度の部屋の中。逆だと風邪ひくのでしょうけど、大丈夫でしょう…たぶん。窓の外は風が吹くたびに落ち葉の小さな森です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/05 22:06
枯れ木も庭のにぎわい
枯れ木も庭のにぎわい ●秋口から盛んに咲き乱れた釣鐘のようなクレマチスが、一気に種になりました。山ブドウの葉がすっかり落ち、絡まっていた渦巻き状の種の様子が花のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/03 23:30
百花繚乱ほどではないけれど
百花繚乱ほどではないけれど ●庭先のポット植えのヨーダマムが3種類咲きそろいました。秋風に葉が傷んでかわいそうですが、花たちがにぎやかに咲き誇っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/02 23:58
久しぶりの秋の陽差し
久しぶりの秋の陽差し ●スイレンが冷たい水に鮮やかな緑の葉を浮かべているところに、まわりの木の葉が舞い落ちる季節となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/02 23:46
菊の文化
菊の文化 ●秋の花と言えば菊ですよね。私の記憶の中では毎年秋になると家族で菊花展に出かけました。懸崖作りとか、大輪、中輪・・・といろいろ父が教えてくれたように思います。菊人形は気持ち悪かったですが、丹精込めて育てられた菊を愛でる日本の文化ですよね。今はマニアの世界ですが、花を愛でるという文化は、人の心を育てていたのでしょうね。ガーデニングブームは少し下火になったのかもしれませんが、子どもたちに伝えたい大切な心を忘れないようにしたいものですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/19 23:15
太陽の光ってすごい。
太陽の光ってすごい。 ●昨日の夜は頭を垂れていた花たち。朝日を浴びて花びらを開きました。蛍光灯では反応しなくても、太陽の光には喜んで頭を上げる花たち。自然の力って素晴らしい。私たち人間も、太陽の光にものすごく反応しているはずなのに、あまり意識してませんよね。気持ちが良くなる時は、きっと太陽にも力を借りているのでは・・・私たちも地球の生き物なんだなあって感じる瞬間が必要ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/13 22:17
ススキの風情
ススキの風情 ●私の庭のススキは、7年前にこの世を去った大叔母夫婦が育てていたものです。子どものいなかった叔母夫婦は娘のように可愛がっていた母の子ども、私をたぶん孫のように感じていたのでしょう。私は小学生の頃から夏休み冬休みを叔母夫婦の経営する農場で過ごしました。果樹と野菜の栽培を手伝って育ったのですが、それは驚きと喜びと充実感の日々でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/07 23:39
秋深し・・・
秋深し・・・ ●北海道ならではのナナカマド。市街地で普通に植えられているのは、寒い気候地帯の植物だからなんですってね。いよいよ真っ赤に色づいて、札幌はまさに秋です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/10/05 23:47
秋咲きのクレマチス
秋咲きのクレマチス 雪が降るまでの冷たい空気の中でひっそりおしゃれに咲く、秋咲きのクレマチスです。花弁が開く前の果実のようなこの蕾の様子がとても気に入ってます。葉色、茎の色、花の色がそれぞれ違って、その組み合わせが魅力的です。大変生育が旺盛で、今年はとてもよく茂りました。こんな細い茎が何メートルも四方に伸びて、こんな小さな花をたくさんぶら下げるのです。音が聞こえてきそうな、そんな花です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/30 22:59
やさしい花たち
やさしい花たち ●ピンク色のクジャクアスターも咲き始め、残るは玄関先の真っ白なアスターの開花を待つのみ。風に揺れるやさしい感じがとても好きなんです。着物の小紋柄が好きなのはそのせいかもしれませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/25 23:05
一目ぼれ…迷った挙句に
一目ぼれ…迷った挙句に ●2年くらい近寄らなかった園芸店があります。なぜかというと、衝動買いをしてしまうからです。そのお店、ちょっと凝った仕入れが魅力で、鉢が素敵なんです。今回も素焼の大きな鉢が欲しくて、ちょっとのぞいてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/25 00:27
意外と花いっぱいの秋
意外と花いっぱいの秋 ●気がつけば、意外と花いっぱいの秋の小さな森。久しぶりにアップばかりでご紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/18 22:52
岩内高原ホテルの庭
岩内高原ホテルの庭 ●9月13日(土)積丹半島の南部、夕陽のきれいな岩内町に行ってきました。療法士の活動(興味のある方はこちらでご覧ください。http://diary.jp.aol.com/adj7kmq/146.html#readmore)で招かれたのですが、岩内町は私が初めて教壇に立った町です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/15 23:40
師匠の庭
師匠の庭 お盆に実家へ帰省した時に師匠(父)の庭を楽しんできました。この庭は家を建てたときに作り始めたものですから、25年くらい経ったでしょうか。2メートルくらいだったヒバが大木になってきました。父は若い時から盆栽が趣味でしたから、庭も和の趣です。山野草が好きで、樹木も元来の日本植物が好きなようです。よ〜くみると、植物園のように多種多様な珍しいものもあります。本当に飽きない庭です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/02 23:09
旬の餌
旬の餌 シュウメイギクが咲き始めました。とうとう秋ですね。この頃はいろいろな園芸品種のシュウメイギクが売られていますね。この花も購入時「ダイアナ」とかいう商品名でした。ガレージ裏の庭には昔ながらの真っ白なシュウメイギクがたくさんのつぼみを持ち上げて、今か今かと膨らんでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/31 22:30
毛虫とツグミ
毛虫とツグミ 毎日庭を眺める時間があればよいのですが、土日にゆっくり・・・になってしまいます。だから気がつけば、一番背の高い白樺の木が丸裸。ブルーベリーの毛虫を毎日取り集め、いったいどこから?と思っていましたが、頭の上から降ってきていたのですね。そしてなぜツグミが毎日やってくるのかも納得。白樺の木は餌でいっぱいだったんですね。ツグミの若鳥は弱弱しく飛んできて、しばらく庭中の木の枝を飛び移って、毛虫やブラックベリーをたらふく食べて帰るようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/30 22:01
夏が終わる
夏が終わる とうとう夏が終わります。9月を目の前にして、空は高く、朝夕は涼しい・・・というか、寒い。花は少なくなりましたが、この緑深い庭の無造作な姿が好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/30 21:50
秋へのプロローグ
秋へのプロローグ  こぼれ種でプランターに根付いたキキョウが花を咲かせました。地面に生えている親株に比べると3分の1ほどの背丈で可愛らしい姿です。キキョウは夏の花です?秋の花ですか?私のイメージとしては、盆の墓参りに持っていく花の中に必ず入っている花のイメージなので、秋の入りの花かなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/17 00:05
また増やしちゃいました。
また増やしちゃいました。  2年ぶりに札幌から北に向かって月形まで行ってきました。本来の目的は、娘とのキャンプ。でも本当の目的はコテージガーデンへ行きたかった私です。コテージガーデンは北海道を代表するガーデナー、梅木あゆみさんのナーサリーです。そのすぐ脇に月形町のキャンプ場があるのです。  さて久しぶりに行ったのですから、花苗を物色。欲しいものばかりで困るのですが、今日の1つめの画像はルピナスです。木化する品種だそうで珍しいようです。あゆみさんご本人が説明してくれたところによると、雪の重みで枝がダメになりやすく、う... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/08/13 23:04
自然の芸術品
この夏最初の蝶が羽化しました。美しいアゲハでした。今年はいろいろな毛虫や芋虫、青虫が、それぞれお気に入りの植物に住んでいます。蛾や甲虫の幼虫は捕まえていましたが、蝶は羽化が楽しみなので、少々葉が食べられてもあまり惜しくないですねえ。蝶のために植えてあるフェンネルや虫が好きなナラの仲間など、小さな森の住人が満足して食べられる植物を育てるのも楽しいものです。それにしても久しぶりの生まれたてのアゲハは、きれいとしか言いようのない、芸術品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/11 23:20
雨の日の楽しさ
雨が降ると庭に出られない・・・ことはない。 私、けっこう雨の庭に出ます。 そしてきれいにほこりを落とした植物たちの美しさに見とれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/20 22:39
復活したクジャク
冬越しに傷んでしまったクジャクサボテンが、とってもかわいらしく花を咲かせてくれました。切り詰めた葉から美しい若葉を広げて、こんなに可憐なピンクの花を楽しませてくれて、植物ってすごい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/17 22:22
ピンク色の森
初夏への青の森からピンクの森へと変わってきています。 スカシユリやオリエンタルリリーの仲間が一斉に咲き始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/07/09 23:02
初夏到来
今年のピンクメイディランドは花の大きさも揃って、なかなかかわいらしいピンクを楽しませてくれています。 やっぱりこのハマナスのようなバラが私は好きですねえ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/29 12:06
カントリーガーデン
いろんな植物が雑然と咲き乱れる風景。そんな感じが好きで、この庭をデザインして楽しんできました。目指すところはカントリーガーデンなんです。そもそも北海道はカントリーの代表かもしれませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/20 00:24
コンテナ・ガーデニング…もどき?
我が家の焼き肉スペースは、普段こんな感じです。ここしか空きスペースがない庭なので、コンテナ類はすべてここに集めているわけです。よく見るとろくな手入れもしていないコンテナたち。かわいそう。でも真面目に花を楽しませてくれるかわいいやつらです。2階から見るとこんな感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/20 00:13
出番を待つ、次の主役たち
バラの花がつぼみを膨らませ始めました。いよいよ夏に向かう小さな森です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/17 23:22
小花シリーズ その2
ディズニーが好きな我が家には、こんなプランターカバーがあって、この春はデイジーで楽しんでいます。ドナルドの彼女はデイジーですけど、これは偶然です。今、気がつきました。 真中は花弁の尖ったピンクのチューリップを楽しみましたが、写真を撮らないうちに花が終わってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/02 01:04
春の小花シリーズ
タイムの花が咲き始めました。クリーピングタイムを何種類か植えたものが、5年以上経ったら絨毯のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/22 23:29
にょきにょき、ぐんぐん
お隣との境目に北向きの半日陰の庭が一坪くらいあります。そこには、山野草や雑木を植えています。春いちばんの「にょきにょき、ぐんぐん」は、ギボウシです。固く新芽が巻いている状態で食用にするそうですね。まだ試食したことないんですが、おいしいのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/17 22:51
束の間の春、そして夏へ
サクランボの花が咲きました。なぜか分らないのですが枝が数本枯れてしまい、残った枝にエネルギーが集中したという感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/06 00:52
お庭訪問!!
どうです?この見事なクリスマスローズの花束!! よくコメントくださる「空翔る大地のハハ」さんのお庭です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/29 22:32
旬の植物?食物?触物?
知人からこんなに立派な筍を頂きました。 孟宗竹って北海道では育ちませんから、新鮮なものを頂くことができるのは、現代の輸送力のおかげですね。 お刺身でも大丈夫ということで、本当に採りたてだったようです。 堂々として立派ですよねェ。 何時間もしないでにょきにょきと伸びるそうですね。 その自然の姿を拝見したいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/27 22:35
桜、さくら
とうとう、というか、やっと10年以上かけて待った桜が咲きました。 朝起きてカーテンを開けると、目の前に待ちに待った桜が二輪・・・・おや?もう一輪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/23 22:18
花見の春、焼肉の春
北海道のお花見は、お花見弁当ではなくて、お花見ジンギスカン。 我が家は今日、この春初めて庭で焼き肉解禁でした。 この頃妻が凝っているお手製の「塩豚」を、娘たちとわいわいおしゃべりしながら食べました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/21 01:22
小さな森2008、開園
重い腰を上げて、やっと庭を整理しました。 枯葉や小枝を拾い集め、土に埋もれた敷石やレンガを掘り起こし、さっぱりとした「小さな森」です。 残念なことになぜかナナカマドが立ち枯れしたようで、ちっとも芽が動きませんが、そのほかの植物たちは元気に日々芽を膨らませています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/15 23:19
新発寒の小さな森に春が来た
フキノトウが、北海道銘菓老舗「六花亭」のイラストのように咲きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/04/07 23:40
なごり雪・・・というか、のこり雪
いよいよ春です。雪はあとこれだけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/07 22:58
卒業式のアザレア
毎年妻が勤務している小学校の卒業式は、たくさんのアザレアで彩られます。 そして式が終わるとその鉢植えを、花好きの職員で買い取っているようです。 妻は私のために・・・?必ず買って帰るのですが、今回はこんな花色でした。 今年は店頭でもこんな花色を見ていましたが、流行色なのでしょうかね? なかなか気に入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2008/03/27 23:56
季節はずれのカクタス
あれ?と気づいたら、劣悪な条件で冬越ししたカクタスが、一輪だけ花をつけました。 なんで今頃?ああ苦しいんだあ・・・って反省してます。いつもきれいに冬を楽しませてくれるカクタスが、今年の冬は大失敗。枯れ果てなかったことがせめてもの救いです。 20年ものの株も、ひん死の重傷。復活には何年かかるかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/03/26 23:23
母の胡蝶蘭
久しぶりに実家を訪ねると、居間に胡蝶蘭が咲いていました。私の両親も大の植物好き。誕生祝いにいただいた蘭を、今年もみごとに咲かせたようです。年寄り二人で暮している実家は、暑いぐらいの室温に燦々と降り注ぐ日光。。咲かずにはいられなかったのでしょうか。 小さい株ながら、堂々と上品に咲いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/23 23:23
今日のお客様のご注文は?
今日のお客さまは、ひまわりの種がお好きなようでした。 鳥を観察するのが好きなのに、鳥の名前を知らない私って不真面目ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/16 21:58
この鳥の名は?知りませんか?
また違った野鳥のお客さんでした。なんていう鳥でしょうね?地味な色合いですが、きれいでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/15 22:54
大雪とヒヨドリ
天気予報は当たらないほうが良い時ほど当たる気がします。 今日はず〜〜っと雪。こんなふうに樹はきれいですけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/23 21:29
春待つスズメたち
 2月も残りわずか、もう3月を迎える札幌は交通渋滞を引き起こすほどの大雪もなく、まずまずの雪の季節を春に向かって進行中。  日差しの暖かな日は、幹の半分が雪にうずまった白樺の枝に、たくさんの雀たちがランチにやってきます。そしてこの頃は求愛ダンスまでご披露してくれて、春が近いんだなあって感じさせてくれます。  小さな命が凍える季節を乗り越えることは、きっと大変なことなのでしょうけど、毎年こうやってバードテーブルに集まる雀たちには、命の力強さを分け与えてもらっているように思います。  娘が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/02/23 11:16
いよいよ冬真っ盛り。
降りました降りました。嬉しくないけど、やっぱり冬だあ。 少しずつ小分けに降って欲しいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/24 23:02
紅白でお正月
札幌の冬はインドアガーデンしか楽しめませんが、クリスマスにはカクタスが咲いたり、お正月にはアザレアが咲いて、それはそれで楽しいものです。 ところが今年はカクタスをすっかり弱らせてしまい、大失敗。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/06 13:21
再び銀世界へ
あったかい日があったり雨が降ったりですっかり消えた雪が、またまとまって降ったようで、朝目覚めると素晴らしい銀世界。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/16 23:48
とうとう雪です
札幌は数日前からちらほらと雪模様。 そしてとうとう、こんな風にすっかり冬景色です。 今夜はマイナス5度になるらしく、睡蓮鉢や汲み置きようの水がめなど、 とりあえず空っぽにして、にわか冬支度。 睡蓮と一緒のめだかたちも玄関に非難させ、安心して眠れそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/11/18 22:07
瞬間の楽しさ
秋は瞬間の楽しさ。 特に、11月の札幌は銀世界までのカウントダウンが始まっている。 毎日の瞬間瞬間が美しく、楽しい。 思わず写真を撮ると、すごい数になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/05 00:07
クリスマスローズを懐かしむ(リクエストがあったので・・・)
春になったら、またたくさんの花が見られるなあ・・・と思いつつ、クリスマスの季節が近づいてくるので、札幌では5月の花クリスマスローズを懐かしんでみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/26 23:12
いよいよ晩秋へ
一夜明けると庭の木々が全く違う色をしている。 本当は日々少しずつだったのかもしれない。 でも久しぶりの朝の庭は、いよいよ深い秋色に変わっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/21 22:22
シクラメンの健気
地植えのシクラメンが花を咲かせていました。 本当に可憐な小さな花です。 この秋で4度目の開花でしょうか? 年々花数が増えていくので、たぶん順調に株が育っているのだと思います。 群生してくると直径50センチほどになると言うことで、いつになったらそんな風になるのかとても楽しみです。 春のカタクリと、秋のシクラメン。 私の好きな健気な花たちです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/09/17 00:20
実りの秋、味覚の秋。
じっと我慢して熟するのを待ちました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/09 23:40
幻の睡蓮
タイトル通りの我が家の睡蓮です。「どうして、まぼろしの・・・」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 23:12
自然の法則、瑠璃玉あざみの不思議
ルリタマアザミの見事な球形を目にするたびの、自然の法則への神秘を感じます。なぜこんなにきれいな球形になるのでしょうか?そして規則正しい花の開花。細かい無数の花が紫色を放つと同時に、花の一生は急速に終わりを迎えるのです。つぼみのとげとげとは裏腹の柔らかな花弁のぼんぼり。自然の魅力を感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/08/09 21:55
ムギなでしこの可憐
一昨年、神奈川の知人から送られてきた種がきっかけで、我が家の庭に初めてムギなでしこの花が咲きました。その可憐さに魅せられて、昨年帯広の「紫竹ガーデン」を訪れたときに、色変わりの種を見つけて購入しました。 「アグロステンマ」という名前で売られている種には、濃いピンク、薄いピンク、白の3色があり、この春にプランターに蒔きました。 夏真っ盛りになると、次々とつぼみを膨らませ、この通り。たくさんの花を咲かせて風に揺れる姿を楽しませてくれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/09 21:44
和の青花たち
なんだか懐かしい感じのキキョウ。 年々株が小さくなっていくのは、肥料が足りないのかな? でも、ほんの数本楚々と咲き誇る姿も、なかなか和の風情です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/02 21:05
真夏の白花たち
8月になると庭のあちこちで、深緑を背景に白い花たちが咲き始めます。 計算して植えたはずではないけれど、真夏の空気を一瞬涼しくしてくれる白花たち。 ピラミッドのようなカクトラノオ。 この花房のフォルム自体がシャープで涼しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/02 20:52
フェンネルの涼
フェンネルが一斉に花房を広げました。 黄色い細かい花も、薄緑の羽毛のような葉も、 全て暑い夏に涼を運んでくれます。 そして何より、そのすがすがしい香り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/02 20:35
午後からの日向の花壇
玄関脇の前庭は西向きなので、午後から夕方にかけて日の当たる花壇です。 シンボルツリーに植えた西洋かえでも屋根まで届くようになり、その脇に実生のナナカマドを植えたところ、これも同じくらい大きくなって、どちらがシンボル?という感じになってしまいましたが、けっこう気に入っています。 そんな大きな木の下に、宿根草の花壇を楽しみ始めて10年以上経ちました。 初めは春のクロッカス、夏のゴールデンセージ、秋の・・・・・何だろう?という、花壇でした。 吹きさらしの場所で乾燥して、華奢な性質の植物は育... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/20 23:12
ハイビスカスの季節
ハイビスカスが元気に咲きました。 真っ赤な色に気持ちも元気になります。 派手な花はあんまり好みではないんだけど、 芙蓉やハイビスカスの一重咲きですっきりした姿が、 何か生命力の強さを感じて好きです。 トマトの赤と重なって、夏を楽しんでます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/16 23:41
ラズベリーがいっぱい。
去年まだ枝数が少なかったラズベリー。 今年はすごい数の枝とすごい数の実が、茂みになっています。 毎朝デザートに楽しむだけ収穫できて、嬉しいです。 ラズベリーは小鳥に食べられないものなのでしょうか? 近くの山から野鳥が飛んでくる割には、今のところ全く被害がありません。 そういえば何年も前からブラックベリーもたくさん実りますが、被害にあったことが無いなあ。 こんなに美味しいのに・・・・・食べられないほうがいいんですけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/16 23:35
ボリジの生命力
ボリジはいつも孤独にぽつんと、どこからともなく芽を出してくる。 去年はどこで咲いていただろう。 どうして一粒だけ、種が生き残るんだろう。 2本生えているのを見たことがない。 石の割れ目や、鉢植えの片隅や、踏みつけられそうな飛び石の脇など、 ボリジは過酷な土地に根を広げる。 ごわごわしたその葉や茎からは想像できない花のようす。 この素晴らしいブルーを見たいから、毎年発芽を見つけ出すのが楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/15 00:20
ナナカマドの復活
ナナカマドの木が枯れてしまった、と思ったのは6月になった頃。 一斉に葉が茶色になり、見る見る散っていった。 そして桜の木も。 でもここにきて復活のようす。 新しい葉が枝先に緑を復元させつつあります。 せっかくたくさん花が咲いたのにそれも散ってしまったから、 今年の秋は赤い実をつけてはくれないんだなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/15 00:12
さくらんぼは、甘いかな?
今年は雪が少なかったから、桜の枝が凍結してしまわないか心配でした。 でもよく花が咲き、実もたくさんついて、そろそろ食べごろかな? 6月の初めになぜか葉が焼けてしまい、枝と実が残ってしまって、おかしな姿ですが味はまあまあみたい。 枝越しに見えるクレマチス・デュランディーの紫色が、エキゾチックなコントラストです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/15 00:03
初夏の香り、ハニーサックルの誘惑。
画像をいくつ貼り付けても、ハニーサックルの甘い香りを伝えることはできませんねえ。 帰宅時に車を降りると香ってくる。 夜に出かけるときに香ってくる。 なぜか夜のほうが香りが強いように感じるんですけど、それって科学的なのかなあ? 年々大株に変身していく我が家のハニーサックル。 花色の白と黄色の微妙な割合が魅力です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/12 22:30
クレマチス・デュランディーの花束
今年はとても花数が多くて豪華な花束になりました。 さくらんぼが色付いて、スズメはどんな風に見てるんだろと、小鳥の目線でも撮影してみました。 初夏の暖かさが暑さに変わる7月。 北海道の夏は急ぎ足でやってきて、急ぎ足で去ってくのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/12 22:18
オリエンタル・ポピー
この色のケシが欲しくて、ず〜っと探してたんですが、ふと立ち寄った園芸店で「鬼ゲシ・赤花」という札がついていて、大きなつぼみがたくさん揺れていました。 赤花かぁ・・・と見てみると割れてきているガクのなかに見える色は、灰色がかったピンク色。 もしかしてこれって・・・と、店員さんに「これから真っ赤に変わるものですか?」と質問すると、「それはありえないですねえ、これはピンク色でしょう。」という答え。 嬉しくてすぐに買ってきました。 二日後に開花。 探していた微妙なピンク色のケシ。 中央は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/06/17 22:37
バラが咲いた
大型プランターに鉢上げして2年目。 少し勢いよく咲き始めたバラ。 でもまだ地植えのときの勢いは取り戻していない。 ハマナスのような表情と、秋の真っ赤な実を楽しめるこのバラ。 赤い花の少ないこの庭に、アクセントとよい香りをプレゼントしてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/17 22:25
プチ菜園…恥ずかしい
ジャガイモの種芋が余って、植えるところがない・・・。 仕方がないから発砲スチロールの箱に植えました。 しかも大きいのが3つしかなくて、4個ずつ植えました。 こんなに狭いところに4つも植えたら、きっと収穫は見込めない・・・。 まあいいか、葉っぱと花を楽しもう。 でも欲が出て・・・、芽かきくらいしておこう。 ということで、4芽ずつにしてみました。 手前の素焼きポットには1個だけ植えました。 どうなることやら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/17 22:15
初夏の庭へ
花色が黄色から青へ、そして紫や赤へと変わっていきます。 緑色もどんどんいろいろな緑色に増えていきます。 花の色形、葉の色形、枝の広がり・・・ 今年もこの季節は毎日が楽しい変化の日々。 初夏の色合いを楽しむ庭です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 23:50
エーデルワイスの魅力
この花は高山植物ですよね。 玄関先の乾燥したところに何かよい植物はないかと、園芸店をのぞきにいって購入しました。 薄雪草という札がついていました。 とてもいい得ているなあと、花の名をつけた人って感性が豊かな人なんだろうなあと、感心してしまいます。 地味だけど、他の花にはない魅力。 周りのグリーンを引き立てる花。 自然が作り出すものって、すごいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 23:34
ベルフラワー
本当の名前は何と言うのでしょう? 園芸品種のこの類の花はたくさん出回っていますが、ヒヤシンスの仲間なんでしょうか? まあ難しいことは抜きにして、この花色が気に入って植えました。 手入れ要らずの可愛らしい花です。 春の花壇から夏の花壇へと移り行く季節に、花の切れ間のないように咲いてくれる、気の利いた花です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 23:28
ポピーに見える?ケシに見える?
おかしなタイトルですけど、あなたのポピーのイメージとケシのイメージは同じですか? 花の大きさが大きいとケシの花というイメージがあるんですが。 しかもアジアンティックな大型のピンクと薄茶色を組み合わせたような色合いのケシの花。 欲しいんですけど店先には見ることがないですねえ。 種であるみたいなんですが、まだ巡り会っていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 23:23
モンタナ・エリザベスの純白
ルーベンスのピンク色も上品ですが、エリザベスの純白には気高さが感じられる・・・といったらキザでしょうか? でもクイーンの称号を名に持つ花ですから、さすが存在感があると思います。 春の一時を「ここはどこ?」という気分にさせてくれる。 この花のオーラは偉大です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/05 22:48
西洋亜麻の空色
こぼれ種が芽を出して、命をつないでいる西洋亜麻です。 宿根草なので絶えないはずと思っていたのですが、いつもの地面には出てこなくなり、その替りにバラの鉢植えの中から出てきました。 頼りなげに風に揺れるのですが、実はとってもしなやかに丈夫な植物です。 そして何より、この花びらの色と形がとても好きです。 群生したらきれいだろうなあと思いながら、我が家の庭では最高に日のあたる場所がお気に入りのようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/05 22:37
ストロベリーキャンドルってツメクサですよね?
庭にある花とタイプの違う小花が欲しいなと思い、露店の花屋さんで購入しました。 色も形も可愛らしいですし、春の花壇で目立ちます。 でも珍しいものではないですよね?葉を見る限りツメクサですものね。 赤ツメクサが派手になったような・・・園芸品種なんでしょうね。 それともどこかの国ではこの形で野生に育っているのでしょうか? そんなことより、雑草のような花って可愛らしさと強さがあって好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/03 22:50
クレマチス・モンタナのお花見
モンタナ・ルーベンスとモンタナ・エリザベスが咲きはじめました。 ピンクのルーベンスが少し早く咲き始め、純白のエリザベスが追いかけるように咲きはじめます。 竹を組み合わせたトレリスに絡ませているのですが、マルベリーの木をフェンス仕立てに植えているので、その枝にもどんどん絡んで、幅7メートルの緑のタペストリーが年を重ねるごとに出来上がっていきます。マルベリーの花も目立たない色で咲いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/03 22:34
ラナンキュラス…?
…だと思うんですが、どうしてこんなに小さな花なのでしょう? ランンキュラスって大きな花ですよね? 花をよく見ると八重咲きのまさにラナンキュラスなんですが、直径は2センチくらい。 数はたくさん咲くんですけど、目立たないんです。 違う花なのかなあ? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/01 21:38
ブルーベリーの花
娘の大好きなブルーベリー。 私の口にはほとんど入りません。 私の目に入るのはこの可愛い花。 今年もひっそりとたくさんの花が つぼみをふくらませて、 柔らかな葉の緑の中に揺れています。 枝の鮮やかな赤い色や、秋の紅葉… ブルーベリーは四季を通じて、 見るものをあきさせない魅力があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 21:27
ギボウシの生命力
毎年ギボウシの芽がむくむくと地面から出てくるところを、 毎日毎日眺める。 そのスピード感、エネルギーに圧倒される。 目の前で伸びる様子が見えるわけではないけれど、 毎日の変化に残像さえ見えてきそうな勢いを感じる。 そして開ききったこの大きな優しい葉が、 ものすごい包容力を放っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 21:17
鳥かごの花
この鳥かごが気に入って、 もう10年近くいろいろな花を楽しんできました。 真っ赤なアイビーゼラニウムを楽しむのは初めてです。 ガーデニングの楽しみに小物の利用がありますが、 飽きずにいつまでも楽しめるグッズに出会うことって、 本当に幸せですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 21:04
木漏れ日
玄関先の西洋かえでとナナカマドが 植えてから10年くらいになりました。 屋根まで枝が伸び、 大好きな木漏れ日を楽しむことができ、 とても嬉しいです。 西洋かえではうす黄緑に白い縁取りがある種類を苗木から、 ナナカマドは小鳥が運んできた種から育ったものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 20:59
「母の日ですね」について
「母の日ですね」について RSSリーダーを利用するようになって、素敵なブログに出会う楽しみが増えました。 tikatikaさんの「薔薇の咲く庭」は、画像もとてもきれいですが、メッセージが温かです。 たくさんの人にご覧になって欲しいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 11:02
少しずつ、少しずつ
春の庭が少しずつ夏の庭になっていく様子は、生命の神秘を感じる発見の連続です。 きのうは無かったものが現れたり、きのうとは違う姿になっていたり。 好きだなあ、この季節。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/25 23:11
フェンネルの芽吹き
一雨ごとに燃え上がるように増えていく春の緑。 ひときわ繊細に柔らかく、それでいてすごい勢いで、 フェンネルは葉を立ち上げる。 どのハーブよりもその姿を伸ばし続ける勢いの始まり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/20 23:34
春の雨
ふきの葉は特別珍しくは無いけれど、雨にぬれている様子がとてもいい。 柔らかい緑がますます透き通っていくように、みずみずしい葉が美しい。 地面の下からその茎を通してどれほどの水を運んでいるのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/20 23:27
春が来た・カタクリ
今年の春一番さんは、スノードロップではなくカタクリでした。 雪が少なくて、あっという間に地面をのぞかせた新発寒の小さな森です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/23 23:53
久しぶりの大雪
降っては融け、降っては融け、今年の冬は庭がかわいそうなくらいに寒そうでした。 でも、一夜明けたらふかふかの新雪が積もっていました。 背の低い若木たちは、やっと雪の中へ入ることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/05 00:31
これから2月、なのに春?
どうしてこんなに雪が少ないんだろう?しかも今日は雨。 札幌は雪祭りを迎えるというのに、気温6度。 玄関前のアジサイがすっかり春の状態。 これで一気に気温が下がったら、 すっかり凍結してだめになってしまうんじゃ・・・と心配です。 室内はアザレアの花が咲き終わり、思い出したように ハイビスカスやゼラニウムが咲き出しました。 このまま春になるのなら、どんなにいいだろう・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/31 23:33
ジブリの森
東京へ足を伸ばし、ジブリの森美術館へ行ってきました。 雪のないところはいいなあ・・・とつくづく思いながら、 枯葉の降り積もったすぐ隣の井の頭公園で一休みしました。 太陽の日差しは気持ちいいし、 冬は冬でも緑のある冬は気持ちがいい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/08 23:28
アザレア満開
去年はあまり咲かなかったアザレアが一気に満開となりました。寄り添わせて写真を撮ったら、なんだか豪華になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/29 10:56
秋のアジサイ
秋の日差しを浴びて、なんとも言いようのないこの色彩。奥に咲くアスターの紫と重なって、秋の深まりは味わいのある色の深まりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 22:33
クジャクアスター
白のクジャクアスターです。花がやや大きい品種です。白いからなおさら輪郭が浮かび上がります。優しい花です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 22:20
クジャクアスター
薄ピンクのクジャクアスターです。草丈があまり高くなりません。改良されているのでしょうね。雑草のように咲く姿が自然なんですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 22:17
松葉ボタン?
本当の名前は分からないけれど、手をかけるほど良く咲いてくれるこの花は、日が当たるときれいに咲く。一見造花のようなこの花の、実は目を離させない魅力って何だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 22:09
フサスグリ
レッドカラントって言うんですね。ブラックカランとがカシスなんですよね。じゃあこれはカシスではなくてなんと言うのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 21:59
青いトマト
今年はトマトの生育が悪くて、いつまでも茎がひょろひょろと伸びていましたが、連日の暑さと遊びに来た友人による脇芽かきで、いつの間にかたくさんの実が…、ありがたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 21:56
キジムシロの赤花
この花はキジムシロなんだあと、ネットサーフィンして分かりました。野生のキジムシロは黄色で、我が家の庭の先住民です。この赤花は月形のコテージガーデンからやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 21:54
小鳥のおすそ分け
バードテーブルからこぼれたひまわりの種が、花をつけました。とっても小さなひまわりです。直径5センチも無いでしょうか。でもこの元気な黄色はまさしく大好きなひまわりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 21:51
西王母の優美
椿が咲ききりました。このなんともいえない上品な花の姿に惹かれて購入したのですが、今期もこんなにきれいに咲いてくれて、とってもうれしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/19 01:11
クジャクアスター
 3度目の秋を迎えて、クジャクアスターの株が大きくなり、花の数も増えました。このくらいになると、見ごたえもあるなあと思うのですが、もう少し大きくなって本当のクジャクのような姿を楽しめるようにならないかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/09 15:48
クレマチス
 秋咲きのクレマチスで小さな赤紫の花がベルのように揺れて咲きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/09 15:38
月下美人の双子
 双子といっても一度に二輪咲いただけなんです。前の晩に一輪、そして今夜二輪咲きました。今季つぼみが7つあったのですが、途中で管理が悪く、5センチ以上大きくなってから、2つ落ちてしまいました。  今年で2年目の月下美人の開花にうれしくなって、一度にたくさん咲くならいいなあと思っていましたが、初めての二輪咲きに感激しました。もう少し勉強して、上手に咲かせたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/24 20:37
姫ギボウシ
 いつ咲くのかと心配していましたが、今年も姫ギボウシが小さな花を咲かせました。いくつかの山野草を寄せ植えにしたものですが、この花はいつももっと早く咲くように記憶していたので、日差しが強すぎて今年は咲かないのかと思っていました。  秋の気候になり夜はすっかり寒いほどになってきたので、ほかの植物は少しずつ葉を赤くしてきています。孔雀アスターや秋明菊などの咲く中、姫ギボウシも秋の花のように静かに咲いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/24 20:23
ブラックベリーの垣根
お隣のガレージが見えなくなるように垣根に仕立てたら、この夏はとても旺盛に茂って、実りも見事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/16 17:23
ヒペリカムの実
この植物はアスファルトの割れ目からも育つのだと、つい最近、職場の近所で発見しました。お花屋さんで可憐に澄ましているのにね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/16 17:21
青いトマト
今年はトマトの生育が悪くて、いつまでも茎がひょろひょろと伸びていましたが、連日の暑さと遊びに来た友人による脇芽かきで、いつの間にかたくさんの実が…、ありがたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/16 17:16
ききょう
桔梗が咲くと何故か秋になったように思うのは、私だけでしょうか?桔梗って夏の花? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/07 00:13
夏の花たち
今年の前庭は、例年になく華やかになりました。気候が良いのか宿根草の花が次々と美しく咲き続け、涼しげな風景を作ってくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/03 00:58
緑がいっぱい
庭中が緑になる季節がやってきました。北海道もこの季節はいいなあ。花が少なくても、気持ちいい庭。良く見るとあっちもこっちもたくましい命がいっぱい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/13 22:55
ユキヤナギ
秋に思い切りユキヤナギを剪定しました。こぼれダネでどんどん増え、しかもあっという間に大株になってしまうので、思い切ってきりました。一株だけ残した株に、今年も上品な香りの真っ白な花穂が揺れています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 00:36
匂いスイセン
このスイセンが咲くと、庭に出た時にふんわりとよい香りがします。日を浴びて輝く黄色は、この花だけの黄色です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 00:30
スノードロップ
雪の妖精って言われるけど、ホントにそう思う。何よりも早く地面が見えたとたんに、その姿を現す。小さくて可憐だけど、とっても強い力を秘めている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/25 22:18
北の春はフキノトウ
フキノトウは北の春のシンボル。同じようで一つ一つ違う顔。このフキノトウはとてもエレガントな感じに見えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/25 22:15
カタクリのつぼみ
カタクリがつぼみを揺らしています。雪が解けたと思ったら、あっという間に葉を広げ、あっという間につぼみを持ち上げ・・・・・早く咲かないかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/25 22:08
カモミールの芽
カモミールが元気な芽を出しています。冬の間縮こまっていた葉をお日様に向かって広げ始めました。北海道にもやっと春が来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/25 22:04
こぼれダネ
フェンネルのこぼれダネが、羽のような柔らかい芽を伸ばしています。グリーンの種かな?ブロンズの種かな?楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/25 22:01
さくら咲く
 雪の中で折れてしまっていた15センチほどのさくらんぼの枝先を、グラスの水に生けておきました。そうしたらこんなに可愛い花を咲かせました。直径15ミリほどの白い一重咲きの花です。本当は5月の連休くらいにこの3倍くらいの花を咲かせるさくらんぼ。実はつけないけれど、とっても幸せな気持ちにしてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/22 22:26
ハイビスカスと雪
ハイビスカスが花を付け始めました。太陽の光が強くなってきたのを感じたのかなあ。窓の外の雪景色を明るく飾ってくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/11 23:15
八重咲きのアザレア
 夏の間庭に下ろし、地面で過ごさせたアザレアを雪の降る直前に鉢上げして、取り込みました。5株下ろしたうちの2株が生きていて、手入れが悪かったんだなあとがっかり。でもこの2株のうち、ピンクの八重咲きが正月を待っていたかのように、5つの花を咲かせました。そしてもう2月も半ば。ずいぶん花の長いアザレアです。椿のような丸い花弁で八重咲きなので、アザレアに見えません。しかも肥料を与えていないので、直径4センチほどです。そのせいか、何だかとっても可愛らしいアザレアです。花のないこの時期にリビングを飾って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 21:00
リンドウ
12月にアップし忘れた記事がありました。かわいそうなので、公開します。 最後まで花開かぬまま冬を迎えた一株のリンドウ。葉をすべて赤くして、にわかにその青い花弁を広げ始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 20:44
香港ディズニーランドのトピアリーガーデン
 お正月に香港へ旅行しました。最近開園した香港ディズニーランドには、アメリカのウォルトディズニーワールドのホテルに見られるような、手入れのいきとどいたすてきな庭が、あちこちに見られました。夜に散歩したパークとホテルを結んだ道にも、色々な生き物をトピアリーにした小さな庭が点在していました。写真はイルカをモチーフにしたものですが、香港らしくドラゴンなどもありました。季節のせいもあるのでしょうが、まだ木々が若木で葉の茂り方がまばらでしたが、これから年数を増すごとに見事なトピアリーに仕上がるのだろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/14 21:26
真冬の森
 とうとう雪が降り積もりました。12月になってどっと降り積もり、バードテーブルの柱が半分くらいになってます。毎日雀たちが、多いときには50羽くらいやってきて、にぎやかに食事をしていきます。良く見ると、とても美しい羽の色です。もう少し季節が進むと大きめの鳥もやってきます。楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/01 00:33
眠り始める小さな森
初雪以来久しぶりの雪。冬支度も何とか済んで、静かに寒さに耐えています。何日したらすべて真っ白の世界になるのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/03 14:52
小さな森の守り神
この小さな森にはたくさんの小さな守り神たちが住んでいます。クリスマスローズの葉の下で片寄せあって考え事をしているのは、石のふくろうたちです。風邪ひかないようにね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/03 14:50
どんぐり林のにぎわい
 大きくならないように丈を切り詰めているこの庭のどんぐり林。こうして眺めると、まるで大木のように力強く存在感があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/06 01:46
ブルーベリーのかわいらしさ
 ブルーベリーの葉がとても印象的なクリスマスカラーに染まっています。自然の芸術にはかないません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/06 01:44
クレマチスの優雅
 藤色の小さなベルが、気がつけば黄緑色のぼんぼりに。風に揺れて優雅に踊って見せてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/06 01:42
ナツヅタの散歩
 ナツヅタがレンガの上を夏じゅう散歩して、赤い足跡が残ったようです。焼き物のふくろうたちも楽しそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/06 01:40
ブルーベリーとミズナラのダンス
美味しい実をたくさんプレゼントしてくれた若木たちが、ドレスアップしてダンスしているようです。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/06 01:36
サラサドウダンツツジ
 札幌もいよいよ晩秋を迎えようとしています。一日の寒暖の差が大きくなり、一気に紅葉が進みました。一瞬の秋のにぎわいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/03 10:23
原種のシクラメン
 札幌の最低気温が10度以下になってきました。いよいよ庭中の植物が冬支度に向かって、姿を変えつつあります。  そして原種のシクラメンが地上5センチくらいのところで、静かに咲き出しています。良くみないと忘れてしまいそうな小さな優しいうすピンクの花です。花が終わるとぜんまいのようにクルクルと茎を丸めて、種を付けます。一冬越えるごとにその花数を増してくシクラメン。雑誌で見た直径50セントほどの群生になるには何年かかるのでしょう? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/10 00:08
満開コルチカム
 秋の花が欲しくて、つい最近植え込んだ球根があっという間に満開です。開花期には葉がないので、センテッドゼラニウムと寄せ植えしてみました。繊細な刻み葉とシンプルで大きな花が、なかなか素敵な組み合わせです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/24 01:32
春を待つさなぎ
 今日アジサイの花を枝ごと摘んで、ガレージの中に吊り下げました。ちょうど良い枯れ色になったので、そのまま乾燥させようと思ったのです。ふと目に入ってきたのは、ガレージの内壁にひっそり眠る蝶のさなぎでした。(蛾ではないと思います・・・・・)こんな鉄壁にさなぎが?でも冬越しにはぴったりなのかも。青虫君、がんばって這い上がったんだね。素敵な春になるといいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/04 01:52
夏の終わりのホテイソウ
 今年もホテイソウが咲きました。咲かずに夏が終わるのかと思っていたのですが、突然咲きました。朝一番にのぞいた窓からの庭の真ん中に、凛とその姿を現したホテイソウの花。  すがすがしい青い花が夏の終わりを告げているのか、それともまだ暑い日が続くよと訴えているのか・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/04 01:43
何の花?
 突然咲いた謎の花。植えた記憶はない。昨年購入したイチゴの苗にくっついてきたものかな?素敵なおまけがついてきたものだ。小さくて花びらも短くてあまり目立たないけれど、良くみると結構派手な花。色がおしゃれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/30 06:26
ヒヨドリのおやつ
 年々大きくなるブラックベリーの茂み。今年は地面から何本のつるを伸ばしているのだろうか?そして、この季節はみのりの季節。数え切れないほどの実が赤から真っ黒へと熟していく。私と娘が甘い香りを漂わせ始める完熟の実を見つけては、我先に口へ運ぶ。  でも今年は、気がつくとヒヨドリのおやつになっている。外から若鳥の声がするなと窓をのぞくと、美味しそうにブラックベリーをついばんでいる。今年はジャムにする実が残らないかも・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/30 06:00
とうとう咲きました!!
 月下美人がとうとう咲きました!!生まれて初めて実物を見たわけなんですが、感動です。夕方から一気につぼみが膨らみ始めたかと思ったら、暗くなる頃には立派に花開いてくれました。今日は満月なんでしょうか?あいにく札幌の空は曇り空。お月様は何処にも見えません。それにしても、ネットで色々月下美人を拝見していましたが、なんて美しい花でしょう。明日になればしぼんでしまうなんて、「美人薄命」とは良く言ったものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/21 00:17
月下美人の咲く夜は・・・
 昨年知人からいただいた月下美人の一株を、どう育ててよいのやらと、思うだけで水しか与えていなかったのです。でも気がつけばつぼみが付いているではありませんか!!  早速ネットで育て方を検索して、ほうほう・・・と感心しながら、その神秘的な開花の様子を知りました。初めての開花の夜はいつになるんでしょう?とっても楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/14 23:17
こんな蝶も・・・
 玄関先のミントが開花して、蜂や蝶が忙しそうに、楽しそうに、次々とやってきます。今朝のお客様はこんな蝶でした。おしゃれな色合いに時間を忘れて、見とれてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/08/10 22:14
蝶の羽化
 夕方、庭のフサスグリを娘が食べていると、蝶が飛び立ちました。ここ数年、その年の気温によって種類の違った蝶が羽化します。今年のこの蝶はなんという種類なのでしょう?  優雅というよりは、まだあどけない、頼りない羽ばたきで庭探検をしているようでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/10 22:09
日陰のガクアジサイ
 札幌の夏も盛りとなり、日向の植物は青息吐息。でもブドウ棚のしたの涼しげなガクアジサイは、ほとんど白に近いピンク色と水色のガクを、静かに揺らしています。  中央の花は赤紫と真っ青とで、葉の色はピンク色の株が黄緑、水色の株が青緑です。アジサイの花色は科学的には当然のことなのでしょうが、何度眺めてもその色彩に不思議さを感じます。  枝を挿し木して約10年、素敵なシェードガーデンの主役です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/08/02 22:59
ラズベリーの味
  この夏初めてラズベリーが実りました。ブラックベリーは良く増えて、たくさん収穫できるのですが、ラズベリーは初めて育ててみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/24 01:39
はじめまして
 新発寒の小さな森は札幌にあります。札幌オリンピックの競技会場となった手稲オリンピアのある手稲山が、窓から見えるところです。  今年は雪が多かったので春がなかなか来ませんでしたが、来たと思ったら一斉に植物たちがむくむくと大きくなって、あっという間に夏です。雪解け時期の様子をアルバムでのぞいてみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/16 23:04

トップへ | みんなの「ガーデニング」ブログ

新発寒(しんはっさむ)の小さな森 ガーデニングのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる