師匠の庭

お盆に実家へ帰省した時に師匠(父)の庭を楽しんできました。この庭は家を建てたときに作り始めたものですから、25年くらい経ったでしょうか。2メートルくらいだったヒバが大木になってきました。父は若い時から盆栽が趣味でしたから、庭も和の趣です。山野草が好きで、樹木も元来の日本植物が好きなようです。よ~くみると、植物園のように多種多様な珍しいものもあります。本当に飽きない庭です。
画像

画像

画像


珍しいと言えば、ツルニンジンってご存知ですか?山にたくさんある・・・と父は言うのですが、私は初めて見ました。これは白い花で、図鑑で探すと、本州には赤い花もあるそうです。
画像

画像


それからご自慢のぶどう棚。ナイアガラという種類のブドウです。マスカット色のブドウです。この大量のブドウを皆さんにふるまうのが楽しみのようです。
画像

画像


そして、これがユウガオ。冬瓜と呼ばれるものですね。父方の祖母が富山県出身で、ユウガオを食べる習慣があり必ず育てていたようです。私が大好物なので、毎年うれしそうに食べごろを知らせてくれます。
画像


最後に、これなんていう花かどなたか知ってますか?まるでプラスチック製の造花のような植物なんです。あまりにも幾何学的なフォルムと無機質な質感が、不思議な植物です。母が育てているもので、来るものは拒まずの母には好き嫌いを越えた博愛主義があふれています。(笑)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

空翔る大地のハハ
2008年09月03日 07:42
とても綺麗に手入れされた庭ですね。
長年手間暇かけて大切に育ててきた庭だと、
写真からでも伝わってきます。

ナイアガラ!甘口の美味しい白ワインになるんですよね。大好きです。
お褒めいただいて父も喜ぶことでしょう。
幼いころは家族より鉢植えが好きなのか?と思ったこともありましたが、父が我が子も含めて生き物が好きなのだと理解できるようになって、自分もそうだと思います。
ハハさんがそうであるように、命の大切さを感じることのできる生き方を、我が子にも伝えていきたいですね。

この記事へのトラックバック