秋を迎えた小さな森

画像


画像


画像


画像


画像


小さな森のシュウメイギクが花盛りのピークです。これからどんどん散って、冬になるころには綿毛を揺らすようになるでしょう。後ろ姿もいいものだなあと、最後のショットは背後から撮影してみました。

画像


画像


画像


アスターの仲間も、今が盛りですね。ピンク色とうす紫色の花が、雑草として勝手に咲きます。夏に結構引き抜いたのですが、そこここに少しだけ咲いているのも、景色が和みます。

画像


久しぶりにひっそり咲くのは、赤花のハニーサックルです。春と秋の二度咲きます。今年は鉢上げしたので勢いがないですが、すっきりと良い花房をつけて、彼岸花のように咲いてくれました。

画像


画像


画像


ブロンズ色になりつつあるアジサイの陰で、真っ白な原種のシクラメンが花房を背伸びして見せてくれていました。周りの植物が、どんどん秋色に変わっていきます。

画像


こちらはコルチカム。これからニョキニョキと花房を伸ばして拡がり、ピンク色の大きな花を咲かせるでしょう。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


色々な植物たちが冬支度を始めているようです。葉が赤や黄色に変わっていきながら、少しずつ散っていきます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック