テーマ:ガーデニング

6月の小さな森は花が次々と

夏へ向かって天候に恵まれなかった石狩地方でしたが、ここにきて一ヶ月ぶりの日差しの温かな週末でした。 新発寒の小さな森では、種をまいて10年間育ててきた鉢植えの藤の木が、5月の下旬から花を咲かせ、満開の高貴な花見となりました。 そして次々と初夏の花へと開花のリレーが続いています。 フジ(品種不明) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の装いの小さな森

予定の無い休日は珍しく、午後から庭仕事しようかなと障子を開けると雨模様。 前庭のナナカマドの赤い実が、葉の落ちてしまった枝先に、寒そうに揺れていました。 もうすぐ雪が積もれば、ヒヨドリが食べ散らかして行くことでしょう。 今日はのんびりしなさいということですね。 なーんて、柄にもない考えは長くは続かず、3時半くらいから1時間ほど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち葉の世界の小さな森

いよいよ10月の最後の週末です。 北海道は平地でも雪の予報で、風が強い朝です。 札幌の気温はまだプラスですが、日陰なら降った雪は解けないくらいかも。 新発寒の小さな森には、たくさんの落ち葉が降り積もり、次から次から、まだまだ葉っぱが降ってきています。 雪囲いの作業が、とても億劫です。 春の花の森を見たいなら、やるしかないなぁ。 でも今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月下美人の蕾が…

月下美人の蕾がいつの間にか、いくつもありました。どんどん大きくなる毎日です❗久しぶりにたくさんの花が楽しめそうです❗ この運気…何か良いことあるかなあ⁉
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何年ぶり?・・・種まき

ひと冬こうして箱入り娘になっていた、いろんな種たち。 今日はとても良い天気で、何年ぶりの種まきとなりました。 まずは、去年採取したオリエンタルポピー3種と、 何かのおまけにもらったワイルドフラワーのミックスシード。 それに、出先で見かけた時に採取した、 ホリーホックの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仁別の森・・・その3

3回目のスキー学習は雪模様。でも、この季節の厳しさが、人間を強くしてくれるのかもしれません。そして厳しさから生まれる美しさ。太古から人間は、自然と闘い、自然に学び、自然に守られてきました。誰も作り出すことのできないものですね。 そして植物の姿は、私にいろいろなことを語りか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪景色の小さな森

ものすごく寒いわけではないけれど、今朝は初めての雪景色でした。きれい!!という感想が持てるのは、雪がまだ珍しい冬の始まりだからです。この雪が深く深く積ってしまうころには、また雪だあとなることでしょう。 さて、雪が降ると、どこからともなく雀のご一家がやってきます。にぎやかに、かわいらしく、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月23日、雨の朝・・・きれいな葉っぱたち。

●久しぶりにまとまった雨が降りました。ほこりっぽかった庭が洗われて、葉っぱたちがきらきらしています。チューリップが盛りを過ぎて、次の主役たちが待ち構える小さな森です。 ●モミの木の芽が動き、新しい葉が増えてきました。葉をそっとなでると、素晴らしいスコッチウイスキーのような香りがします。 ●カシワバアジサイの葉も若…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月2日、新発寒の小さな森2009…グランド・オープン

●やっとゴールデンウィークです。今日は天気もよくお花見日和…ということで、庭で焼き肉するには準備、準備。5時間かけて思う存分庭仕事しました。庭中の落ち葉や小枝を集めたり、冬眠していた住人たちをそれぞれのすみかに運んだり、スイレンも外の瓶に移して、メダカたち気持ちよさそうでした。スイレンを冬越しさせていた容器には、タニシの卵がいっぱい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月22日、春雨しっとり

●乾ききっていた地面に、春の冷たい雨が細かく降りました。空気もしっとり。そしてひんやり。慌てふためいて春を駆け回っていた気持も、少ししっとりしました。 ●まだ冬の間に傷んでしまった葉や、芽の膨らみかけた植物たちばかりなので、殺風景な小さな森ですが、静かに静かに目を覚ましている様子が楽しいです。隅から隅まで、よ~く見ると、なお楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月17日、気高い白花睡蓮

●まだ開き始めたばかりなのですが、スイレンが咲きだしました。昨年の夏、大きな蕾をもったスイレン。でもいちども開いたところを見られなかったスイレン。とうとう、この春を祝うように、汚れた越冬用の容器の中で開花です。掃き溜めに鶴って言いますが…、そんな感じです。 スイレンやハス、アサザ等のビオトープ植物に最適!No.49 ビオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月19日、どんどん解ける

●南向きの庭は四方を建物に囲まれ、陽があまり当たりません。それでも一日経つと、雪がぐっと消えます。 ●玄関側は西向きの庭です。午後の陽を浴びて、雪はどんどん解けます。クロッカスの芽が伸びて、明るい花が咲くのも、もうすぐです。 ●久しぶりに実家を訪ねると、母の育てている胡蝶蘭が満開でした。これでこの冬4…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月8日、ハイビスカス三姉妹の末っ子が咲きました。

●この冬3つの蕾を付けたハイビスカス。三姉妹のように順番に咲き、いよいよ末っ子の晴れ舞台。お天気もよく、陽射しが新雪に反射してまぶしい朝です。またしばらく蕾が出そうにないので、しっかり花を楽しみました。 ●最後の花が咲き終わったので、春に向け枝を切り詰めようかと思っています。昨年の挿し木がとても元気に根付いたので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月7日、朝のお客様

●また雪が降りました。カーテンをそっと開けたら、お客様が来てました。本当はリンゴが好きなヒヨドリも、スズメの餌で我慢してお帰りになりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月25日、ハイビスカス…今日も

●次女が「お父さん、ハイビスカス今日も咲いてたから、写真撮ったよ。」・・・ってことで、ハイビスカス第2弾です。 ●朝出勤前に私が映した時は、外はまだ薄暗がりで、こんな感じでした。次女はどうも、おしべとめしべの勉強をしたので、興味をもったらしいです。ハイビスカスのおしべとめしべは、とっても観察しやすいですものね。芸術的なフォルム…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2月24日、真冬のアロ~ハ~

●昨夕から今にも開きそうに膨らみきったハイビスカスの蕾が、今朝薄暗いうちから開きました。こうして並べてみると、たくさん咲いたみたいでうれしい錯覚。たった一輪なんですけどね。 ●意外と鮮やかに色づいて、こんなに華やかな黄色。気分が明るくなりました~。{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hde…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2月16日、ハーブのちから

●いつもコメントくださる空ハハさんから、素敵なプレゼントを頂きました。私がふくらはぎの肉離れを患ってしまった事を知って、貴重なハーブオイルをくださったのです。オイルの小瓶には、成分と効能が細かい字でびっしり。そのことにも感激でした。風呂上りにオイルを使ってマッサージを続けたら、今夜などは何とか正座ができる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2月14日、解ける、解ける!!バレンタイン熱?

●土曜日の午前中に病院へ行きました。これは舗装されていない駐車場の地面です。バレンタインデーの14日、2月としては史上最高の気温だったとか。札幌の気温もプラス8度だったそうですが、なんと静岡では26度の真夏日だったんですね。どうりで雪がこんなに解けるはずです。もう、ぐちゃぐちゃ地面です。 ●帰宅したら玄関前も小川になってい…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

2月2日、氷の世界

●北広島市のセントレジャースキー場で、スキー学習がありました。雨が降った後のスキー場は、地面が氷の世界。輝く太陽が反射して、ますます美しい世界でした。ということで、ここは、夏はゴルフ場です。自然を生かした庭園ガーデニングが見事なのではと、夏の景色を想像しています。では、素晴らしいランドスケープをお楽しみください。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1月24日、天高く

●吹き抜けの窓を見上げると、青空の中に高圧電線の鉄塔がきれいでした。本来無ければいいのに…と思うこの鉄塔も、冬の季節には陽気を感じさせてくれます。強い太陽の光が春を運んできたようで、部屋の中もぽかぽかです。 ●小さな森のカメ「のしのし」と「もしもし」は、春の陽気にのんびり温泉気分…と思っていたら、突然動きが活発になり、向か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1月8日、本日も晴天なり。

●札幌オリンピックの会場だった手稲オリンピア。その歓声が響き渡った手稲山が、青空の下で照り輝いています。あまりにきれいだったので、2階の窓から身を乗り出して撮影しました。 ●山もきれいだけど、この雲もきれいなこと。澄み切った空気の中で、素晴らしい冬景色です。 ●小さな森の白樺長男坊も、すっくりと背を伸ばして元の姿にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月2日、晴天なり。

●雪が少なくて、玄関先の植え込みは春のように感じたのでしょう。アジサイの芽が膨らんでしまっています。どうなるのでしょうか。降るもの降ってくれないと・・・これも温暖化? ●お隣のモミの木だって、寒くなったり、シバレタリ、温かくなってみたり・・・かわいそう。 ●日当たりの少ないところだって、こうですものね。雪があるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しんしんと・・・ゆく年

●札幌はやっぱり雪の都。雪のない冬かと思いきや、この1週間でたちまち根雪になりました。それにしても、この真っ白な雪が、北国の人の暮らしを良くも悪くもするのですよねェ。 ●気がつけば白樺の次男坊は、ぼっきりと折れてしまって、上半分なありませんでした。これもこの子の人生?(樹生?)長男はしなやかに頭を垂れて、耐えています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嵐の朝に

●ひどい雪嵐で、小さな森のか弱いひょろひょろ白樺が、ぐったりとしています。BSアンテナにはしっかり湿った雪が張り付いて、放送妨害しています。 ●窓越しの小さな森は、もうただの雪まみれです。風が強くて、雪がきれいだなあ・・・なんて悠長な感想が出てきません。 ●窓の雪の隙間からのぞくと、元気な雀たちの姿が。ズーム…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

また雪。でも、きれい。

●朝早く長女を塾に送り込む。受験生の朝は早い。玄関の外は久しぶりに雪景色でした。車の窓には凍りついた雪。その外には季節感いっぱいのモミの木。 ●今日はどのくらい積もる予定ですか?・・・神様は答えてくれません。空が明るいから、たいしたもんじゃないかなあ? ●家に戻ったら、明るくなってもっときれいに見えました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

インドアガーデン

●・・・というほどのものではないですが、冬は外が雪ですから、やっぱり部屋の中の鉢植えを相手にするしかありません。 ●太陽の光を追って背を伸ばし、小さな蕾をつけたアイビーゼラニウム。こんな細い茎の先で、どんな小さな花を咲かせるのでしょ。 ●こちらはトラデスカンティアの花。どこに咲いてるか見えます?こんな小さいのが咲きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜明けの銀世界

●目覚まし時計で5時に起きて・・・窓の外が一変してました。見事な銀世界。だんだんと明るくなるにつれて、その輝きに目が覚めました。玄関前の景色がこんなにきれいだと感じるのは、生まれたての真っ白な雪だからですね。夕方には汚れているでしょうか。一瞬の美しさかもしれません。 ●あとひと月でクリスマス。雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬支度は雨ふりの中

●玄関先の庭からアジサイの花を摘み取りました。すっかり乾燥していたのに今日はあいにくの雨。今週は雪になるというので、雨の中、冬支度を進めました。アジサイの花は学校の授業でフリーマーケット商品の材料にします。 ●裏を返すときれいな水色です。ハイドランジアは咲いている時もみごとな花色ですが、こうして雪の季節まで徐々に寒風にさら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

何?

●娘を迎えに真っ暗になってから車を出そうとしたら、窓の外に白い花。いつの間に何が咲いたの?今頃突然?目を凝らしても何が咲いたのかわからない。この頃は老眼鏡に頼っている私の目。車を降りてよく見ました。 ●去年もびっくりしたのかもしれないのですが・・・シュウメイギクの綿毛でした。今朝は広がっていなかったので気づきませんでしたが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

玄関フード知ってます?

●九州のまるぽっちさんからコメントを頂き、「玄関フード」について質問がありました。私たち「どさんこ」(北海道出身者)にとっては珍しくないものなので、気にしたことなかったのですが、暖かい地方の人には「何?」なんですね。 ●我が家の隣近所は同じ住宅業者の販売した物件が立ち並んでいるので、そもそも似たようなデザインのおうちが並ん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more