テーマ:

冬の装いの小さな森

予定の無い休日は珍しく、午後から庭仕事しようかなと障子を開けると雨模様。 前庭のナナカマドの赤い実が、葉の落ちてしまった枝先に、寒そうに揺れていました。 もうすぐ雪が積もれば、ヒヨドリが食べ散らかして行くことでしょう。 今日はのんびりしなさいということですね。 なーんて、柄にもない考えは長くは続かず、3時半くらいから1時間ほど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬が来たぞ!!・・・小さな森

11月4日の初積雪からひと月が経過しました。時々ちらりと降った雪でしたが、今年の札幌は市街地の雪景色は今週からが本番のようです。 11月14日の雪は、結構降り積もったので根雪になるのかと思いました。まだ何も雪支度ができていなかった小さな森は、とんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び雪の小さな森

明日4月6日は、あちこちの学校で入学式があるというのに、今朝は目覚めてびっくり!まさかの雪景色。この冬の雪はいつまでもだらしなく降るものだなあと、呆れてはいたものの、4月に入りさすがにほとんど解けて消えてしまったはずなのに。衣替えして片付けたダウンコートを、今日は再び引っ張り出して出かけました。 今週は通勤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪は降る♪~あなたは(春は)こない♪~byアダモ

◎タイトル・・・ちょっと歌が古すぎましたね。 冗談はさておき、この冬の雪って、一体どうなっているんでしょう? やっと軒先に凍り付いていた雪も落ちて、今朝その雪の塊をどけたり、物置の上の雪を割ったり下したりしたのですが、また雪です。 正直言って、もううんざり。 春は来る気が無いのかなあ・・・・・\(◎o◎)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春を待つ小さな森

3月に入ってアマリリスが咲きました。窓の外はまだまだ雪が背丈ほども積もっていますが、陽がさすとかなり春の陽気を感じる季節になりました。アママリリスはまるで夏のような、エネルギッシュな朱色に輝きます。傍らのクリスマスカクタスが、季節外れの開花で、冬と春と夏がいっぺんにやってきたような窓辺です。早く春が来ないかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初春の雪景色

新年を迎えて玄関の鉢植えのツバキが咲き始めました。 我が家は喪中なのでお正月飾りを控えていますが、このツバキの花が初春を告げてくれているようです。 そんなことを喜んでいたのですが、雪は容赦なく降り積もって、家の周りはしっかり真冬の景色になりました。 街灯の明かりに照らされて、何となく暖かそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪をかぶったナナカマド

今朝、玄関先のナナカマドが綿帽子をかぶってきれいでした。 文字通りの綿のような雪は、少ししっとりとした純白の雪でした。 今年も残すところ大晦日一日です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名残雪・・・春を迎える小さな森

3月も終わるというのにまだ降るの?と言いたくなりました。29日の夜。昼間はすっかり春の陽気。プラスの10℃は何か月ぶり?ってくらいの気持ちの良い晴天でした。夜になり、ちょっと用事で玄関を出るとご覧の光景。モミの木がまたもや、クリスマスを再現。気持ちが萎えるなあ。でも刻一刻と春は近づいてきています。いつもの2倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバキ咲く・・・大雪の小さな森

いただきもののツバキの鉢植えが、たくさんのつぼみを膨らませているこの正月。 気づけば真紅の花弁が覗いてきていて、開いていくのが分かるような感じです。 窓の外がまだ暗い朝の5時、かなり開いていてこれだけでも感動。 仕事から帰っ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新春の小さな森

正月が意外に穏やかな天候で過ぎ、明日からはいよいよ平成13年の日常が始まります。 新発寒の森には例年より早く雪が積もり、バードテーブルは夏の半分の高さです。 りんごを置くと、すぐにヒヨドリやスズメやシジュウカラがやってきます。 ヒヨドリはりんごが大好きですねぇ。 とても美味しそうに、ごくりごくり。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スズメのお正月・・・吹雪の小さな森

今年のお正月は穏やかだなあと思っていたら、やっぱり吹雪はやってきました。 北海道生まれ「どさんこ」としては、このくらいの吹雪はどうってことはないですけど、できれば雪はいらないなあ。 小さな森のバードテーブルには、この冬も雪が積もり、しばらく姿を隠していたスズメたちが晴れ間をぬって集まってきています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春待つお師匠様の庭

本日は晴天なり。 久しぶりにお師匠様のお庭を拝見した。 余市町はまだまだ雪が深かった。 お師匠様(父)の話しだと、2本植えたシンパクが大きくなり、予想を超えて裏のお宅の敷地に枝を伸ばし、迷惑になりそうなので、1本切ったそうな。 悲しそうに「計算違いだった・・・」とつぶやくお師匠様。 さぞかし残念なこと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

目に見えること、見えないこと。

雪を知らない地方の人たちは、この銀世界を素晴らしいと感じたり、美しいと感じるらしい。 確かに北海道に暮らす私にも、この景色は美しい。 純白の雪景色には、けがれの無い美しさを感じることがある。 そして自然の美という感覚がある。 この雪がある時は人の命を奪うことも、また、雪国の人たちにとっては常識。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降りやまぬ雪

3月も半ばを過ぎ、少しは春を感じたいものですが、今夜も雪が降っていますね。 晴れ間に見える月がきれいなことと、遠く被災地で凍えながら耐えている皆さんのことと・・・自然と人間の関係が実は無関係のような、そんな虚無な気持ちが漂います。 国を挙げて喪に服すようなことを促す考えや、元気を振り撒いて復興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春までなんぼ?

気がつけば3月。11月から記事を更新していなかったなんて、酷いもんです。 この冬は小さな森には受難の季節でした。想像以上の久しぶりの大雪。 秋に始めて実を結んだドングリの木は、屋根から落ちてきた重たい雪で、上から三分の一くらいのところで、ボッキリと折れてしまい、周りの小枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁別(にんべつ)の森・・・その2

スキー学習2回目。ちょっと青空…と思ったら、吹雪に…と思ったら、また晴れて…。厳しい季節をスポーツで楽しい季節に。私はこの景色を自分の庭だと思って、冬のガーデニングを楽しんでます。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

仁別(にんべつ)の森

私の職場がある北広島市には、セントレジャーゴルフクラブ札幌 セントレジャー北広島スキー場があって、この時期はスキー学習で子どもたちと何度も行くことになります。ここの地名が仁別(にんべつ)です。石狩平野が海まで続く景色を見下ろすことができます。寒いけど、好きな場所です。 {%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年、北の国からどうぞよろしく。

あけましておめでとうございます。小さな森も2010年を迎えました。初日の出ではないのですが、雪原で気持のよい太陽だったので、載せてみました。職場のある北広島市には原生林が多く残っていて、住宅街をちょっと離れるとこんな景色に遭遇します。北の国から…って感じじゃないですか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐXmasの小さな森

ずっとできないでいた雪囲い。もう積雪が30センチくらいある中、天気が割りと良かったので、庭仕事しました。きのうスリップして接触事故を起こしてしまい、へこんでいたので、ちょっと気分転換になりました。 バラの枝はらいをしていなかったので、実を刈り取ってかごに集めました。雪の上に置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪景色の小さな森

ものすごく寒いわけではないけれど、今朝は初めての雪景色でした。きれい!!という感想が持てるのは、雪がまだ珍しい冬の始まりだからです。この雪が深く深く積ってしまうころには、また雪だあとなることでしょう。 さて、雪が降ると、どこからともなく雀のご一家がやってきます。にぎやかに、かわいらしく、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月25日、ハイビスカス…今日も

●次女が「お父さん、ハイビスカス今日も咲いてたから、写真撮ったよ。」・・・ってことで、ハイビスカス第2弾です。 ●朝出勤前に私が映した時は、外はまだ薄暗がりで、こんな感じでした。次女はどうも、おしべとめしべの勉強をしたので、興味をもったらしいです。ハイビスカスのおしべとめしべは、とっても観察しやすいですものね。芸術的なフォルム…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2月24日、真冬のアロ~ハ~

●昨夕から今にも開きそうに膨らみきったハイビスカスの蕾が、今朝薄暗いうちから開きました。こうして並べてみると、たくさん咲いたみたいでうれしい錯覚。たった一輪なんですけどね。 ●意外と鮮やかに色づいて、こんなに華やかな黄色。気分が明るくなりました~。{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hde…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

1月31日、春か?

●雪がすっかり無くなってしまった。どういうこと?でもこれは、1週間前のお話。雨が降ったり、気温が10度近くまで上がったり・・・異常だった。 ●ラベンダーなんてすっかり雪から顔を出してしまって、何月かわかっているのかァ? ●あちらもこちらも、いろんなところから地面が「こんにちわ!!」 ●ナナカマドの実をヒヨド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月30日、通勤路

●毎朝6時50分に長女を乗せて出勤します。15分ほど走ると北区麻生(あさぶ)に着き、長女をバス停に下ろします。いつもの冬道ならツルツルだったり、ガタガタだったりで、時間通り着くかひやひやするのですが、この冬の雪のなさ。 ●スタッドレスタイヤがもったいないくらい。雨も降ったり、春のような日差しになったり、どうなるのだ北海道?って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1月24日、天高く

●吹き抜けの窓を見上げると、青空の中に高圧電線の鉄塔がきれいでした。本来無ければいいのに…と思うこの鉄塔も、冬の季節には陽気を感じさせてくれます。強い太陽の光が春を運んできたようで、部屋の中もぽかぽかです。 ●小さな森のカメ「のしのし」と「もしもし」は、春の陽気にのんびり温泉気分…と思っていたら、突然動きが活発になり、向か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1月20日、雪遊び

●久しぶりにたっぷりと雪が降りました。ここは私の職場。北広島(きたひろしま)市の小学校です。今学期初めての雪遊びを楽しみました。「♪~ゆ~きや、こんこ・・・い~ぬは、喜び、庭駆け回り~♪」犬だけでなく、本当に子どもは雪が降っただけで、楽しい気持ちになるんですねェ。 ●雪の降らない地方の人には、この学校はどんなところに建っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月9日、富良野へ

●「虹の子」の活動依頼があって、上富良野(かみふらの)町へ出かけました。札幌から自動車道を利用して、滝川インターで降りました。素晴らしい青空で、気持ちよく真っ白な雪野原を眺めました。次女を連れて行ったのですが、「きれい!!」と感動の声。この春6年生なる彼女は、やっと北海道の美しさを味わえるように成長したみたいです。 ●それにし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

1月8日、本日も晴天なり。

●札幌オリンピックの会場だった手稲オリンピア。その歓声が響き渡った手稲山が、青空の下で照り輝いています。あまりにきれいだったので、2階の窓から身を乗り出して撮影しました。 ●山もきれいだけど、この雲もきれいなこと。澄み切った空気の中で、素晴らしい冬景色です。 ●小さな森の白樺長男坊も、すっくりと背を伸ばして元の姿にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月2日、晴天なり。

●雪が少なくて、玄関先の植え込みは春のように感じたのでしょう。アジサイの芽が膨らんでしまっています。どうなるのでしょうか。降るもの降ってくれないと・・・これも温暖化? ●お隣のモミの木だって、寒くなったり、シバレタリ、温かくなってみたり・・・かわいそう。 ●日当たりの少ないところだって、こうですものね。雪があるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しんしんと・・・ゆく年

●札幌はやっぱり雪の都。雪のない冬かと思いきや、この1週間でたちまち根雪になりました。それにしても、この真っ白な雪が、北国の人の暮らしを良くも悪くもするのですよねェ。 ●気がつけば白樺の次男坊は、ぼっきりと折れてしまって、上半分なありませんでした。これもこの子の人生?(樹生?)長男はしなやかに頭を垂れて、耐えています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more