テーマ:フキノトウ

小さな森に春の兆し・・・ふきのとう

新発寒の小さな森に現れた最初の春の使者は、フキノトウでした。 「ふきのとう」って「蕗の薹」と書くんですね、一生、漢字では書きそうにありません。 雪解けと同時に寒風に負けないで出てくるフキノトウのある景色は、小学校の時の蘭島(らんしま)の通学路を思い出します。小樽市の西の端にある忍路(おしょろ)中央小学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の兆しの小さな森

三寒四温といいますが、本当に暖かい日と寒い日がかわるがわるやってきます。「お久しぶり~(*^。^*)」って感じで顔をのぞかせた地面が、一夜あけると真っ白な沈黙の大地になっていて、「春が恋しいよ~(ToT)/~~~」みたいな。それでも少しずつ少しずつ、札幌ににも確実に春が近づいてきているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more