テーマ:

落ち葉の世界の小さな森

いよいよ10月の最後の週末です。 北海道は平地でも雪の予報で、風が強い朝です。 札幌の気温はまだプラスですが、日陰なら降った雪は解けないくらいかも。 新発寒の小さな森には、たくさんの落ち葉が降り積もり、次から次から、まだまだ葉っぱが降ってきています。 雪囲いの作業が、とても億劫です。 春の花の森を見たいなら、やるしかないなぁ。 でも今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菊咲く・・・9月の小さな森

\(◎o◎)/!9月の小さな森の様子を動画にしました。 こちらからご覧ください。→https://www.facebook.com/mori.masato.7/videos/vb.100002283032682/876248442461249/?type=2&theater 札幌の秋は、真夏の陽気を吹き飛ばして、あっという間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪を待つ小さな森

原種のシクラメン 久しぶりに庭に出ました。もう最低気温が氷点下になる季節。戸外では冬越しできない鉢植えを家の中へと入れる作業をしました。雨露に濡れて咲いている原種のシクラメンがとてもきれいに咲いていて、思わず撮影を始めました。葉の輝きや生き生きとした模様にも、久しぶりに魅せられました。 {%虹we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋を迎えた小さな森

小さな森のシュウメイギクが花盛りのピークです。これからどんどん散って、冬になるころには綿毛を揺らすようになるでしょう。後ろ姿もいいものだなあと、最後のショットは背後から撮影してみました。 アスターの仲間も、今が盛りですね。ピンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年2度目の十勝へ…小さな森の小さな旅

何の写真かわかりますか?小さな森にはいません。大きな海にいるものです。 私が幼いころは「すけそ」と呼んでいましたが、「スケソウダラ」という魚の「たら」の仲間です。地域によっては「スケトウダラ」と呼ぶところもあります。 なぜタイトル画像にこの写真?と思った人もいることでしょう。この週末、仕事の関係で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋です。…まだ暑いけど。

玄関先のシュウメイギクが咲きました。風に揺れてきれいです。「ダイアナ」という品種です。9月1日。札幌は、もう秋です。あ~ぁ。 昼間はまだ30度を超えるけど、夜は涼しい風が流れ、窓の外から虫の声が流れています。世の中でどんなことが起きても、季節はちゃんと変わりますね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最後のシュウメイギク

今年のシュウメイギクも最後になりました。 もう咲かないかなと思っていたら、忘れたころに咲きました。 初雪が降る直前でした。 こんなに表情のある咲き方をしたこの花は、 何かメッセージを告げたかったのでしょう。 この花の園芸品種名は「ダイアナ」です。 かのプリンセ・スダイアナの名を付けた花はいろいろありますが、 シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドア・ガーデニングのはじまり

●初雪も降り、札幌はもう冬です。焦って部屋に運ばれた鉢植えたちは、さぞびっくりして、怒っているでしょう。もっと段階的に取り込まねばいけないのに、5度以下の外気から20度の部屋の中。逆だと風邪ひくのでしょうけど、大丈夫でしょう…たぶん。窓の外は風が吹くたびに落ち葉の小さな森です。 ●ビワとミニトマトとマングローブと・・・南国…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

枯れ木も庭のにぎわい

●秋口から盛んに咲き乱れた釣鐘のようなクレマチスが、一気に種になりました。山ブドウの葉がすっかり落ち、絡まっていた渦巻き状の種の様子が花のようです。 ●こちらに絡んだクレマチスも、楽しそうに風に揺れています。 ●ガレージ裏の庭もすっかり秋。素敵な枯れ色です。 ●物置前の隅のアジサイやブドウは冬眠の準備に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百花繚乱ほどではないけれど

●庭先のポット植えのヨーダマムが3種類咲きそろいました。秋風に葉が傷んでかわいそうですが、花たちがにぎやかに咲き誇っています。 ●西日を浴びる玄関先の庭ですが、寒風に晒されながら雪までの季節を楽しんでいるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの秋の陽差し

●スイレンが冷たい水に鮮やかな緑の葉を浮かべているところに、まわりの木の葉が舞い落ちる季節となりました。 ●ツルアジサイとナツヅタのからむバードテーブルは、赤や黄色のグラデーションに彩られています。 ●ナツヅタの赤い色は優しくて、まさに草木染めのようです。 ●ナツヅタの実が黒く実っていてびっくりしました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菊の文化

●秋の花と言えば菊ですよね。私の記憶の中では毎年秋になると家族で菊花展に出かけました。懸崖作りとか、大輪、中輪・・・といろいろ父が教えてくれたように思います。菊人形は気持ち悪かったですが、丹精込めて育てられた菊を愛でる日本の文化ですよね。今はマニアの世界ですが、花を愛でるという文化は、人の心を育てていたのでしょうね。ガーデニングブー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日の花

●何日か早いのですが、次女の誕生祝いをしました。欲しいものを頼まれてはいたのですが、発売日がまだ先のCDで、今日は庭の花を贈りました。今咲いているのは白い花が多いので、なんだか寂しくなるかなあ?と思いつつすでに暗闇の庭へ。そういえばピンク色のアスターとコルチカムが咲いていることを思い出して、適当に暗がりの中で摘みました。けっこう素敵…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ススキの風情

●私の庭のススキは、7年前にこの世を去った大叔母夫婦が育てていたものです。子どものいなかった叔母夫婦は娘のように可愛がっていた母の子ども、私をたぶん孫のように感じていたのでしょう。私は小学生の頃から夏休み冬休みを叔母夫婦の経営する農場で過ごしました。果樹と野菜の栽培を手伝って育ったのですが、それは驚きと喜びと充実感の日々でした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋深し・・・

●北海道ならではのナナカマド。市街地で普通に植えられているのは、寒い気候地帯の植物だからなんですってね。いよいよ真っ赤に色づいて、札幌はまさに秋です。 ●アジサイもスカイブルーが紫がかってきて、今はご覧のとおりのクラフト作品のような姿です。 ●カシワバアジサイも真っ赤になりました。後ろのクジャクアスターの白い花がよく…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

秋咲きのクレマチス

雪が降るまでの冷たい空気の中でひっそりおしゃれに咲く、秋咲きのクレマチスです。花弁が開く前の果実のようなこの蕾の様子がとても気に入ってます。葉色、茎の色、花の色がそれぞれ違って、その組み合わせが魅力的です。大変生育が旺盛で、今年はとてもよく茂りました。こんな細い茎が何メートルも四方に伸びて、こんな小さな花をたくさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やさしい花たち

●ピンク色のクジャクアスターも咲き始め、残るは玄関先の真っ白なアスターの開花を待つのみ。風に揺れるやさしい感じがとても好きなんです。着物の小紋柄が好きなのはそのせいかもしれませんね。 ●ガウラもやっと咲きました。近所の庭ではもう3週間くらい前から、満開なのに。どうしてうちのは今頃なんでしょう?ガウラも風に揺れる姿がやさしいです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一目ぼれ…迷った挙句に

●2年くらい近寄らなかった園芸店があります。なぜかというと、衝動買いをしてしまうからです。そのお店、ちょっと凝った仕入れが魅力で、鉢が素敵なんです。今回も素焼の大きな鉢が欲しくて、ちょっとのぞいてしまいました。 ●そして見てしまったのです。このバラを。この夏ずっと、お気に入りのバラを探していて、いくつか品種も覚えて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

意外と花いっぱいの秋

●気がつけば、意外と花いっぱいの秋の小さな森。久しぶりにアップばかりでご紹介。 ●何の種だったかわからなかったけど、何とゴウヤらしい。そういえばいつか食べた時に・・・すべてが小さく育って、実も1センチくらいでびっくり。 ●また咲きだしたバラ。ピンク・メイディランド。ヒップも色付いてきました。 ●これもまた咲きだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岩内高原ホテルの庭

●9月13日(土)積丹半島の南部、夕陽のきれいな岩内町に行ってきました。療法士の活動(興味のある方はこちらでご覧ください。http://diary.jp.aol.com/adj7kmq/146.html#readmore)で招かれたのですが、岩内町は私が初めて教壇に立った町です。 ●昨年も宿泊した岩内高原ホテルは、私たち家…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

師匠の庭

お盆に実家へ帰省した時に師匠(父)の庭を楽しんできました。この庭は家を建てたときに作り始めたものですから、25年くらい経ったでしょうか。2メートルくらいだったヒバが大木になってきました。父は若い時から盆栽が趣味でしたから、庭も和の趣です。山野草が好きで、樹木も元来の日本植物が好きなようです。よ~くみると、植物園のように多種多様な珍しいも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旬の餌

シュウメイギクが咲き始めました。とうとう秋ですね。この頃はいろいろな園芸品種のシュウメイギクが売られていますね。この花も購入時「ダイアナ」とかいう商品名でした。ガレージ裏の庭には昔ながらの真っ白なシュウメイギクがたくさんのつぼみを持ち上げて、今か今かと膨らんでいます。 ナナカマドの実も色付いてきました。今年は昨年よりたくさ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋へのプロローグ

 こぼれ種でプランターに根付いたキキョウが花を咲かせました。地面に生えている親株に比べると3分の1ほどの背丈で可愛らしい姿です。キキョウは夏の花です?秋の花ですか?私のイメージとしては、盆の墓参りに持っていく花の中に必ず入っている花のイメージなので、秋の入りの花かなあ。  ベルガモットはどちらかというと夏の花だと思うのです…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

瞬間の楽しさ

秋は瞬間の楽しさ。 特に、11月の札幌は銀世界までのカウントダウンが始まっている。 毎日の瞬間瞬間が美しく、楽しい。 思わず写真を撮ると、すごい数になる。 まだまだあるけど、この辺で。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more