新緑の小さな森

GWに突入しました。やっと少しだけ庭仕事。そして新緑の「新発寒の小さな森」を撮影しまくって、大量の画像になってしまったので、久しぶりにアルバムにしました。 画像はこちらからご覧ください。\(◎o◎)/! https://www.facebook.com/mori.masato.7/media_set?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズが満開の小さな森

今にも桜が咲きだしそうな4月19日の小さな森。今年の開花はホントに早い。クリスマスローズはすでに満開でした。 ケシやルバーブの新芽が元気よく伸びて、茂ってきていました。緑の多い中に、ルバーブの真っ赤な茎は本当に鮮やかです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根性フクジュソウに元気をもらう\(◎o◎)/!

北海道の春は桜というよりも、雪解けとともに道すがら目にする景色の中で、フキノトウやキタコブシなどを見つけて感じます。  また、少し自然の豊かな郊外へ出かけると、山野草の景色を楽しめるのも、北海道らしさです。 そんな中、このフクジュソウはアスファルトを押しのけて咲いていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県の春、神奈川県の春、札幌の・・・小さな森の春。

札幌は雪が無くなったばかりで、まだまだ春のぽかぽか陽気にはたどり着いてないけど、数日前に筑波に住む長女から満開のツバキの写メが届きました。なんて天晴な咲き誇りようでしょうね。\(◎o◎)/! そして今朝、鎌倉に住む友人からこんな満開の桜の写メも届きました。日本の春は、やっぱり満開の桜です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春色の小さな森

新発寒の小さな森に、何か月ぶりの白以外の花の色。クロッカスは雪国の春を告げる花ですね。日の光に輝く花の色に、春の喜びを感じます。\(◎o◎)/! スノードロップもゆらゆらと花を揺らしていたり、ルバーブの真っ赤な葉が日に日に大きく広がったり、春の生命力は今年も元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな森に春の兆し・・・ふきのとう

新発寒の小さな森に現れた最初の春の使者は、フキノトウでした。 「ふきのとう」って「蕗の薹」と書くんですね、一生、漢字では書きそうにありません。 雪解けと同時に寒風に負けないで出てくるフキノトウのある景色は、小学校の時の蘭島(らんしま)の通学路を思い出します。小樽市の西の端にある忍路(おしょろ)中央小学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出窓からの小さな森

お友達のM子さんから頂いて育てていたアマリリスが、見事に咲きました。 M子さんが大好きだったおじ様の育てていらしたアマリリス。 何種類かあったものから2種類分けていもらい、この種類が咲いたのは今回初めてです。 1球に4輪も咲くとは思ってもいなかったので、とても驚き、そしてあまりの存在感ある美しさに感動しています…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小さな森のお客様

このところ、玄関前のナナカマドの枝にヒヨドリが一羽、毎日訪ねてきます。 お目当ては、真っ赤なナナカマドの実です。 雪の上にもポツリポツリを落ちているナナカマドの実。 わざわざ門燈の柱まで運んで食べたナナカマドの実。 懸命に食べ、懸命に拾い、また懸命に食べ。 最後はお向かいさんの塀のところまで、雪の地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年を迎えた新発寒の小さな森

新年あけましておめでとうございます。\(◎o◎)/! 新発寒の小さな森が、穏やかな元日を迎えました。 天気予報では、この後荒天に変わるだろうと警戒を呼び掛けていますが、札幌の空は明るく青空が広がっています。 きのう、ほんの少し新しい雪が積もった小さな森は、真っ白な柔らかそうな表情をしています。 札…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬が来たぞ!!・・・小さな森

11月4日の初積雪からひと月が経過しました。時々ちらりと降った雪でしたが、今年の札幌は市街地の雪景色は今週からが本番のようです。 11月14日の雪は、結構降り積もったので根雪になるのかと思いました。まだ何も雪支度ができていなかった小さな森は、とんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪を待つ小さな森

原種のシクラメン 久しぶりに庭に出ました。もう最低気温が氷点下になる季節。戸外では冬越しできない鉢植えを家の中へと入れる作業をしました。雨露に濡れて咲いている原種のシクラメンがとてもきれいに咲いていて、思わず撮影を始めました。葉の輝きや生き生きとした模様にも、久しぶりに魅せられました。 {%虹we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋を迎えた小さな森

小さな森のシュウメイギクが花盛りのピークです。これからどんどん散って、冬になるころには綿毛を揺らすようになるでしょう。後ろ姿もいいものだなあと、最後のショットは背後から撮影してみました。 アスターの仲間も、今が盛りですね。ピンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵みの雨の小さな森

札幌にも全国的な猛暑や大雨がやってくるこの夏です。でも、ずっと日照りが続いた後なので、小さな森は生き返ったように雨を喜んでいます。亡くなった義母が大好きだったヒマワリが、ひょろひょろと育っていたのですが、この雨を吸い込んで、一気に並んで咲き始めました。小さいけど元気な黄色い花が、小さな森を明るくしてくれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の新発寒の小さな森

6月のアルバムを公開しました。\(◎o◎)/! 色々な花が咲き、キアゲハの幼虫も元気にフェンネルの葉を食べて、大きくなりました。6月のにぎやかになってきた小さな森の様子を、ご覧ください。 \(◎o◎)/!左下のアルバムの名前をクリックすると見られます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな命が育つ・・・小さな森

小さな森の新緑が夏の緑に変化してきた6月。 庭の隅々を見て歩くと、あちこちに小さな命が育っています。 これは日陰の庭にこぼれダネから発芽したギボウシを、鉢に上げました。 クレマチスも色々なところに種が飛び、どの種類の小さな命なのか、花が咲くまで分かりません。 親株は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピオニーが咲いた・・・雨上がりの小さな森

真夏日が続いた6月に入り、久しぶりにまとまった雨になりました。 小さな森の植物たちは生き返ったようです。 朝窓の外を見たら、ピオニーが咲き始めていました。 華やかな色の花が咲くと、小さな森の様子が違って見えます。 雨粒の乗った花弁も美しいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな森の大改装・・・その四

5月5日は「こどもの日」。 子どもたちが大きくなって、こいのぼりを泳がす習慣はなくなりました。 そして子どもを連れて出かけるということも、すっかり少なくなりました。 そんなわけで、本日も庭の大改装・・・庭中の落ち葉を集め、枝を整理して、片隅に大きな山ができました。 玄関横の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな森の大改装・・・その参

大改装の第三弾(5月4日)は、お隣の家に面した南側のブラックベリーの生け垣を解体しました。 お隣の物置がすっかり見えるようになりました。 以前はどこにあるのか分からないくらいでした。 ガレージ横もブラックベリーの花見ができたのですが、すっかりなくなりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな森の大改装・・・その弐

連休初日、小さな森の大改装の続きは、レンガの掘り出し作業完了。 何年も堆積したレンガの上の土を擦り落として、一つずつ掘り上げて、敷き直しました。 ひと雨降ればもう少しきれいになると思うのですが、それでも庭のデザインがずいぶんくっきりしました。 去年の5月25日に同じようなアングルで撮影したものがあったので、比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄金週間の小さな森

ゴールデンウィークに桜が満開になるのは、何年ぶりのことかも分からないくらいです。朝早くの時間帯は庭に陽が差さないので、暗い画像になってしまいましたが、散ってしまう前に・・・と何枚も撮影してしまいました。  やはりこの季節は桜の花が、人の気持ちを左右しますね。咲いては喜び、散っては儚む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more