テーマ:ナナカマド

春を待つ小さな森

\(◎o◎)/!朝からとっても良い天気で、札幌の最高気温は7度とか。 家の周りの雪がどんどん解けて、地面が見えてきています。 新発寒の小さな森にも、じわじわと春が近づいてきています。 そこで夕方、雪が積もっているうちにと思って、庭木の選定作業を完了しました。 ガレージ裏の雑木は20年近く経ってお隣のウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪の小さな森と職場の森

12月18日、大雪の朝でした。 こんな日は、通勤が大変なんですけど、時間を忘れてしまうほど真っ白な雪化粧に見とれてしまいます。 真っ赤な実しか残っていないナナカマドの木は、雪を纏うと益々美しい姿になりますね。 こうしてお隣さんとの間も、どんどん雪で埋まっていくのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな森のお客様

このところ、玄関前のナナカマドの枝にヒヨドリが一羽、毎日訪ねてきます。 お目当ては、真っ赤なナナカマドの実です。 雪の上にもポツリポツリを落ちているナナカマドの実。 わざわざ門燈の柱まで運んで食べたナナカマドの実。 懸命に食べ、懸命に拾い、また懸命に食べ。 最後はお向かいさんの塀のところまで、雪の地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪をかぶったナナカマド

今朝、玄関先のナナカマドが綿帽子をかぶってきれいでした。 文字通りの綿のような雪は、少ししっとりとした純白の雪でした。 今年も残すところ大晦日一日です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more